インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

ドメイン名
2019.06.11

「インターネット上の住所」のような役割を果たす識別子。URL(Webページのアドレス)やメールアドレスなどに使われる。例えばのドメイン名は「populace.biz」で、Webサーバーの名前「http://populace.biz/」やメールアドレス「info@populace.biz」に使われている。
厳密には、ドメイン名はネットワークに付与する名前で、個別のコンピューターに付けた名前である「ホスト名」を用い、「ホスト名+ドメイン名」という形でコンピューターを特定するが、ホスト名を含めた全体をドメイン名と呼ぶこともある。そもそもインターネット上のコンピューターはそれぞれ、IPアドレスという2進数で32けたの識別番号(通常は10進数で表記)を名乗り、この番号を頼りに相手を特定して通信を行う。
しかし、人間にとってこの番号は覚えにくいため、分かりやすい名前を付けたのがドメイン名だ。インターネットではドメインを、ドメイン・ネーム・システム(DNS)と呼ぶ階層構造で管理する。この頂点に位置するのがトップ・レベル・ドメインであり、IPアドレスとドメイン名の対応表を提供するのがDNSサーバーだ。
ドメイン名はピリオドで区切られた文字列(ラベルと呼ぶ)で構成され、1つのラベルの長さは63文字以下、ドメイン名全体ではピリオドも含めて255文字以下と定められている。また、従来ドメイン名には、アルファベットや数字、ハイフンしか使えなかった。しかし、これに加えて漢字やひらがな、カタカナ、ハングル、キリル文字、アラビア文字なども使用できるようにするための国際化ドメイン名(IDN)の規格ができた。
また、ドメイン名の文字列は、右側からトップ・レベル・ドメイン(TLD)、セカンド・レベル・ドメイン(SLD)、サード・レベル・ドメイン(3LD)と呼ぶ。TLDのうち、日本の国別TLD(ccTLD)に当たるjpドメイン名は、日本レジストリサービス(JPRS)が管理、割り当てを行っている。domain name 商品ランキング

jpドメイン名

日本の国別トップ・レベル・ドメイン(ccTLD)であるjpが付いたドメイン名のこと。日本レジストリサービス(JPRS)が管理している。2002年4月以前は日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が管理していた。jpドメイン名には大きく3つの種類がある。
組織の種別ごとに登録対象が区別され、1組織1ドメインしか登録できない属性型jpドメイン名。市区町村名と都道府県名で構成された地域型jpドメイン名。そして、2001年2月に登録ができるようになった、登録数に制限がない汎用jpドメイン名だ。汎用jpドメイン名の登場で、ドメイン名登録の自由度が高まった。jp domain name

日本語ドメイン名

「総務省.jp」のように、漢字やひらがな、カタカナといった日本語の文字を含むドメイン名のこと。従来ドメイン名には、アルファベットや数字、ハイフンしか使えなかった。
しかし、これに加えて漢字やひらがな、カタカナ、ハングル、キリル文字、アラビア文字など、非英語圏の文字も使えるようにする取り組みがICANNを中心に進められた。こうして2003年3月にRFCで標準化されたのが、国際化ドメイン名(International Domain Name; IDN)だ。日本語ドメイン名とは、IDNの規格に基づいて、日本語で利用する文字を使用したドメイン名のことを指す。Japanese JP domain name

汎用jpドメイン名

登録数に制限がないjpドメイン名。登録対象に一定の要件を求める属性型や地域型のjpドメイン名に対して、日本国内に住所を持つ個人、団体、組織であれば誰でも登録できる。
また、ドメイン名に漢字やひらがななどを用いる、日本語ドメイン名の登録も可能だ。JPRSが2001年2月から登録申請を受け付け始めた。generic JP domain name

トラックバックURL
トラックバック一覧
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ
記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る