インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

キャッシュメモリー
2019.06.12

データを高速転送するために、CPUとメインメモリーとの間などに設置するメモリー。CPUに近い方から1次キャッシュ、2次キャッシュなどと呼ばれる。最近のCPUでは1次、2次キャッシュともに内蔵している場合が多い。キャッシュには、CPUが新たにメモリーから読み込んだデータが書き込まれる。
CPUが次にデータを読み込むとき、キャッシュに必要なデータがあれば、キャッシュから読み込む。これによりキャッシュに比べて低速なメインメモリーにアクセスする回数を減らすことができる。cache memory 商品ランキング

1次キャッシュ

CPUの処理速度を向上させるために、CPUコアに内蔵されているキャッシュメモリー。CPUの演算実行部に最も近いキャッシュであることから1次キャッシュと呼ばれる。primary cache

2次キャッシュ

CPUの処理速度を向上させるために1次キャッシュとメインメモリーの間にある、2段階目のキャッシュメモリー。L2キャッシュとも呼ばれる。メインメモリーの動作の遅さをカバーする仕組みの一つ。
CPUは1次キャッシュに該当するデータがないと、2次キャッシュに該当するデータを探しにいく。
以前はCPUチップと別チップでキャッシュ専用メモリー(高速なSRAM)を搭載していたが、最近のCPUは1次キャッシュだけでなく、2次キャッシュも内蔵する。secondary cache

ビットキャッシュ

インターネットで利用できるプリペイド式の電子マネー。数万円程度の決済に利用される。運営しているのは、凸版印刷やエイベックス、小学館などが出資するビットキャッシュ
(http://www.bitcash.co.jp/)
。現在は、ライブドアの子会社となっている。標準の「BitCashカード」のほか、子供向けのコンテンツしか購入できない「BitCashKidsカード」、ギャンブルやアダルトなどに関する成人向けのコンテンツも購入できる「BitCashEXカード」がある。また、カードタイプ、シートタイプ、バーチャルタイプの3つの形状が用意されている。
コンビニエンスストアなどで売られている「BitCashシート」なら、裏に記載されているひらがな16文字の暗証番号を入力することで決済を行う。支払額の上限は購入金額分まで。残高情報はインターネット上のサーバーが管理する。BitCash

イーマイキャッシュ

NECのプロバイダーサービス「BIGLOBE」の会員向け決済サービス。BIGLOBEの会費決済にクレジットカードを使用している会員のみ利用できる。
オンラインショップでの決済時にBIGLOBEの会員IDを入力すると、決済確認用WebページのURLを含むメールが配信される。
このWebページ上で会員ID、パスワード、受け付け番号を入力して確認手続きを済ませると、決済が終了する。代金はBIGLOBEの会費と一緒にクレジットカード用の口座から引き落とされる。E-MYCASH

L2キャッシュ

CPUの処理速度を向上させるために使われる2次キャッシュのこと。level2 cache

マップキャッシュ

Windows 98で導入された高速化のためのキャッシュ技法。Windows 95や98のメモリー空間は、実行空間とキャッシュ空間に大きく分かれている。
Windows 98では、Windows 95と異なり、プログラムの実行時にキャッシュ空間にのみプログラムを読み込み、実行空間にはキャッシュ空間にあるプログラム本体の所在地を記述する。
この機構をMapCacheという。キャッシュ空間と実行空間の両方にプログラムをコピーするWindows 95に比べて、プログラムの読み込みを高速化できる。MapCache

エクスクルーシブ・キャッシュ・アーキテクチャー

米AMDが2000年6月に発表したAthlon(高性能フルスピードキャッシュ内蔵)とDuron以降のCPUで採用されているキャッシュの方式。
1次キャッシュと2次キャッシュの両方に同じデータを持たないようにすることでキャッシュの利用効率を高める。2次キャッシュを1次キャッシュの拡張領域であるように使えるため、例えばAthlonのように128KBの1次キャッシュと256KBの2次キャッシュを持つ場合、合計384KBの大きなキャッシュであるかのように振る舞う。exclusive cache architecture

外部キャッシュ

CPUの外部に置かれるキャッシュメモリーのこと。CPU内に1次キャッシュと2次キャッシュを内蔵しているときは、外部キャッシュは3次キャッシュになる。
パソコン用のCPUのほとんどは3次キャッシュを使う仕組みになっていないが、ワークステーションやサーバー向けCPUの中には対応しているものもある。external cache

セカンドキャッシュ

1次キャッシュとメインメモリーの間に置いて、処理速度を向上させるための2段階目のキャッシュメモリー。2次キャッシュとも呼ばれる。second cache

日経BP社 2005

キャッシュファイル

ハードディスクで読み書きされるデータを、一時的に蓄えておくファイル。Webブラウザーが、アクセスしたWebページをファイルとしてハードディスクに保存する機能、またはその保存されたWebページのファイルを指すことも多い。Webブラウザーのキャッシュ機能を使うと、一度アクセスしたWebサイトをすぐに見ることができる。
例えばマイクロソフトのWebブラウザー「Internet Explorer」の場合、Windowsでは「Temporary Internet Files」というフォルダーにキャッシュファイルを保存する。cache files

スーパーキャッシュ

NTTが開発した電子マネーシステム。ICチップを搭載した銀行キャッシュカードを用いる。銀行に設置されたチャージ機か、スーパーキャッシュ対応公衆電話機にカードを差し込み、暗証番号を入力して貨幣価値をICカードに登録する。
カードリーダーをパソコンに接続すればネットワーク経由でチャージできる。オンラインショッピングの支払いも可能。1999年4月から2000年5月まで東京都新宿地区の1000店舗、10万人が参加して共同実験を行った。supercash

ディスクキャッシュ

パソコンとハードディスクなどの外部記憶装置との間で、データのやり取りを高速化するためのメモリーまたは機能のこと。CPUとメインメモリーの間に使われるキャッシュメモリーと同じように、パソコン本体と外部記憶装置との間のデータのやり取りを高速化する。
基本的な動作原理は、いったん読み出したデータをディスクキャッシュ上に蓄えておき、再度同じデータを読み出すときにディスクから読み出さなくても済むようにするというもの。キャッシュとして使われるメモリーは、外部記憶装置側にある場合が多いが、インタフェースボード上にある場合やパソコン本体のメモリー上に設定する場合もある。disk cache

デジタルキャッシュ

貨幣価値を電子的な信号に置き換えた仮想通貨。電子マネーともいう。digital cash

トライレベルキャッシュ

米AMDのK6-IIIが採用したキャッシュ構造。K6-IIIは、1次キャッシュに加え2次キャッシュもCPUのシリコンチップに内蔵するため、マザーボード上の従来の2次キャッシュは3次キャッシュとして機能する。
この3段階のキャッシュを総称してトライレベルキャッシュと呼ぶ。TriLevel cache

バックサイドキャッシュ

マザーボード上のフロントサイドバス(FSB)ではなく、専用バスを使ってCPUに接続する2次キャッシュのこと。特にPowerPC G3の2次キャッシュの意味で使われることが多い。backside cache 商品ランキング

トラックバックURL
トラックバック一覧
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ
記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る