インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

インターネット the Internetとは
2019.06.15

世界規模の通信ネットワーク。「ネットワークのネットワーク」といわれる。LANを持つ大学や研究機関がそれぞれのサーバーコンピューターを相互に接続していった結果、ネットワーク同士が接続され、世界を網羅する巨大なネットワークに成長した。現在、接続に使用されている通信プロトコルはTCP/IPが主流。 インターネット上で利用できる主なサービスとしてWWWや電子メールなどがある。 
インターネットを利用するには、インターネットを構成するサーバーのいずれかにクライアントとして接続する必要がある。インターネットサーバーを所有している大学や研究機関、企業などに所属していれば、LAN経由で利用できるが、サーバーを持たない企業や個人は、サーバーを提供する商用インターネット・サービス・プロバイダー(ISP)と契約を結ぶ必要がある。PCソフトウェア

CATVインターネット CATV Internet service

 

ケーブルテレビ(CATV)の番組配信用ネットワークを通信用途に利用する常時接続型のインターネット接続サービス。家庭に届いているケーブルをテレビ用と通信用に分岐して利用する。通信に利用する際はケーブルをケーブルモデムにつなぎ、パソコンとケーブルモデムの間はEthernetでつなぐ。電話回線を使用しないので、NTTなどに支払う通信料金は不要。
インターネットへの接続サービスも同料金内で一緒に提供する場合が多い。 現在のCATV網のほとんどが同軸ケーブルと光ファイバーを組み合わせたネットワーク形態(HFC)をとっている。現在の通信速度は下りで30Mbps程度。2005年中には100Mbps超のサービスも開始される予定。PCソフトウェア

Internet2 インターネットツー

 

1996年から米国で進められている次世代ネットワークの技術開発プロジェクト。ギガビット級の高速基幹網上で電子認証、ストリーミングなどの実験が行われている。米国の200校以上の大学が参加するコンソーシアムが政府や企業からの支援を受けて実施している。
いずれは現在のインターネットと統合される予定。PCソフトウェア

Internet Explorer IE

 

米マイクロソフトのWebブラウザー。NCSA(National Center for Supercomputing Applications)が開発したWebブラウザー「Mosaic」をベースに開発が行われた。1995年8月に最初のバージョン1.0を出荷して以来、無償で提供されている。 Internet Explorerは当初、先行して販売されていた米ネットスケープ・コミュニケーションズのWebブラウザー「Netscape Navigator」に比べ、機能面で見劣りしたため普及しなかった。
しかし、1996年8月に出荷したバージョン3.0では、HTML3.2に対応したり、ActiveXコントロールやJavaアプレットの実行環境を備えるなど、Netscape Navigatorに匹敵する機能を搭載。さらに同社は、Windows 95のOSR2にInternet Explorerのバージョン3.0を標準装備した。
そのため徐々に、有償だったNetscape Navigatorからシェアを奪い、Windowsを中心に市場を制覇した。現在でも約9割のシェアを占めている。 バージョン4.0からはシステム上は、Webブラウザーとしてだけではなく、ファイル操作などを行うWindowsのシェルとしても働くようになり、Windowsの「エクスプローラ」と統合されている。 2005年6月時点の最新版は、Windows用がバージョン6.0SP2、Macintosh用は5.2.3。2005年の夏にWindows用のバージョン7がリリースさるれる予定。ただし2003年6月、米マイクロソフトはMacintosh用Internet Explorerについては、開発を中止している。PCソフトウェア

インターネットFAX Internet facsimile

 

ファクスのデータをインターネットを経由して送受信する機器、また、その技術を指す。ファクスのデータを電子メールの添付ファイルに変換して送受信する。
1998年3月にRFCとして標準規格化された。ファクス機器からファクス機器へのデータ転送のほか、電子メールソフトからファクス機器、ファクス機器から電子メールソフトへの転送も可能。PCソフトウェア

インターネット一時ファイル temporary Internet files

 

Internet Explorerで、アクセスしたWebページをハードディスクに保存し、次回アクセス時に高速に表示できるようにする機能、あるいは保存されたファイルそのもの。PCソフトウェア

インターネット家電 Internet appliance

 

インターネットに接続する機能を持った家庭向け電化製品の総称。家庭用テレビに接続したセットトップボックスやプレイステーション2などのゲーム機を利用することで、パソコンに慣れない人でも簡単にインターネット上のサービスを利用できるようにしたものなどを指す。
また、冷蔵庫や電子レンジなど通常の家電製品にインターネット接続機能を持たせて、外出先から中身を確かめたり、新たなメニューをダウンロードできるようにする製品も発売されている。PCソフトウェア

インターネットカフェ Internet cafe

 

インターネットに接続したパソコンを設置して、客がそれらを有償、もしくは無償で利用できる店。喫茶サービスを行っている場合が多い。客は所定の代金を支払うことで、設置してあるパソコンを一定時間、自由に利用できる。
インターネットサービスだけでなく、マンガ喫茶などを併設した複合型の店舗も多い。PCソフトウェア

インターネット協会 Internet Association Japan

 

インターネットの発展を推進する財団法人で、インターネット技術の調査・研究や、関連技術の標準化推進活動などを行う。日本インターネット協会(IAJ) と電子ネットワーク協議会(ENC)で行ってきた活動を、2001年より引き継いだ。URL http://www.iajapan.org/PCソフトウェア

インターネット・サービス・プロバイダー Internet service provider(ISP)

 

インターネットに接続する通信回線を提供する業者。ISPまたはプロバイダーとも呼ぶ。 
インターネットのサービスを利用するには、TCP/IPという通信プロトコルを用いて、インターネットに接続する必要がある。接続方式には、直接インターネットにコンピューターやLANをつなぐ専用線接続、既存の通信回線を利用するADSLやCATV、電話回線経由で一時的にインターネットにつなぐダイヤルアップIP接続、などがある。大半の業者はこれらの複数の接続サービスを手掛けている。 国内の代表的な接続サービスには、@nifty、BIGLOBE、OCN、So-netなどがある。 また、プロバイダーの大部分は、自社のセンター設備に、Webサーバーやメールサーバーなどを用意し、ユーザーに対しWebページの公開やメールの送受信などのサービスも提供している。 大手プロバイダーは東京・名古屋・大阪など主要都市を大容量の専用線で結び、そこから欧米などのプロバイダーの専用線に接続している。
この基幹の専用線やほかのプロバイダーなどとの接続をバックボーンと呼ぶ。バックボーンのデータ伝送容量が大きいほど、通信速度を向上できる。バックボーンの充実したプロバイダーから回線を購入してユーザーに提供している小規模プロバイダーもある。PCソフトウェア

インターネット接続共有 Internet connection sharing

 

1台のパソコンをルーターのように使って、インターネット接続を共有する機能。Windows 2000/XPなどが備えている。例えば、ADSL回線を共有する場合、パソコン(ホスト)にLANボードなどを増設して、LAN端子を2個持たせる。一方をADSLモデムに、もう一方をLANに接続し、インターネット接続共有機能をオンにすれば、LAN上のほかのパソコンから、ホストのパソコンを通してインターネットに接続できるようになる。
このとき、ホストのパソコンがグローバルアドレスとプライベートアドレスを変換するIPマスカレード機能を実行している。PCソフトウェア

インターネットソサエティ Internet Society(ISOC)

 

1992年に設立された国際的なインターネット関係者の集まり。180カ国以上から100以上の団体と2万人を超える個人が参加している。
活動目的はインターネットの普及を図ることと、インターネット技術の発展および標準化の推進。インターネット技術全般の情報提供などを行っている。PCソフトウェア

インターネットテレビ Internet television

 

テレビ本体に専用のWebブラウザーとモデムを内蔵したテレビ。パソコンなしでWWWを利用できる。
電子メールが利用できる機種もある。96年に家電メーカー数社から登場したが、あまり普及しなかった。PCソフトウェア

インターネット電話 Internet telephony

 

VoIP技術を使って音声データをインターネット網を経由してやり取りすることにより、相互に音声通話できる機能、またはサービスのこと。一般に音声伝送に使う帯域を保証するタイプをIP電話と呼び、インターネットを経由するため帯域を保証できないタイプをインターネット電話と呼ぶことが多い。
スカイプやMSN Messengerなどを使えば、パソコン上からインターネット電話を利用できる。@niftyのインターネット電話サービス「Go2Call」などでは、Webブラウザー上のJavaアプレットを使ってインターネット電話を利用する。PCソフトウェア

インターネット博覧会 Internet fair 2001 Japan

 

政府が主催するWebサイト上の博覧会。略称はインパク。政府や地方自治体、民間企業、NPO、個人がパビリオンという形でWebサイトを公開してリンクを張る。2000年12月31日から1年間、開催された。PCソフトウェア

インターネットバンキング Internet banking, online banking

 

パソコンや携帯電話などの端末を使い、インターネットを経由して銀行口座の残高照会や振り込みなどの銀行サービスを利用すること。都市銀行や主な地方銀行は対応済み。振り込みや引き落とし、残高照会など実際の店舗で利用できるサービスはほとんど利用できる。 
多くの銀行では、24時間取引を可能にしているほか、手数料を店舗を利用するよりも安く設定しているところも多い。セキュリティ面では、多くの銀行が128ビットSSLを採用しデータを暗号化し送受信している。 従来は個人向けのサービスが多かったが、最近では企業向けに給与の振り込みや取引先への振り込みなども可能なサービスが始まりつつある。 実際の店舗を持つ銀行が提供している以外に、実際の店舗を持たないネット上だけで展開するネット専業銀行もある。2000年10月にスタートしたジャパンネット銀行を手始めに、ソニー銀行、イトーヨーカドーグループのアイワイバンク銀行、イーバンク銀行などが登場している。PCソフトウェア

インターネット放送 Internet broadcasting

 

動画像、音声などのデータをインターネットを通じて送信するサービス。テレビの生中継と同じくリアルタイムにデータを送信する場合と、サーバーに蓄積してあるデータをユーザーからの要求に応じて送信する場合がある。
大部分はパソコン側に保存されないストリーミング形式でデータ送信している。受信側はデータフォーマットに対応した受信ソフトと、圧縮して送信されてくる動画像や音声を復元するためのコーデックを持つ必要がある。代表的なものに米リアルネットワークスの「RealPlayer」、米マイクロソフトの「Windows Media Player」、米アップルコンピュータの「QuickTime」などがある。PCソフトウェア

インターネットメールInternet mail

 

インターネット上でやり取りする電子メールのこと。もともと電子メールは、社内LAN上やパソコン通信など、閉じた世界で独自のプロトコルを用いてやり取りするシステムだった。
インターネットメールは、共通のプロトコル(SMTP)を用いて全世界のさまざまなネットワーク上のユーザーとやり取りできるのが特徴である。最近の社内メールシステムは、インターネットメールと相互接続する機能を備えている。PCソフトウェア

インターネットラジオ Internet radio

 

インターネットを通じて音声データを送信するサービス。ラジオのように番組を構成してストリーミング形式でデータを送信する。
Internet Explorer 5.0以降ではインターネットラジオサービスを行っているWebサイトへのリンク機能を持つ「ラジオバー」が追加され、その後IE6では「メディア バー」になっている。PCソフトウェア

電灯線インターネット power line Internet connection

 

電力を供給する電灯線にデータを流して高速インターネット接続を行うもの。一般家屋に敷設済みの電灯線を使うため、AC電源コンセントに電力線モデムを差し込むだけでデータ通信が可能になる。 
電灯線にデータを流すといっても、実際にはユーザー宅近くの電柱まで光ファイバーを敷設し、電柱とユーザー宅間の数メートルのみ電灯線を利用する形態となる。電灯線インターネットは、ノイズによってほかの無線通信に影響を及ぼす可能性があるため、周波数帯域は10k~450kHzに限られている。現在は電波産業会が規制緩和が可能かどうかを検討中。仮に欧米と同様、1.7M~30MHzという高い周波数帯域が開放されれば、10Mbps以上の通信速度が期待される。PCソフトウェア

トラックバックURL
トラックバック一覧
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ
記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る