インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

イーサネット Ethernetとは
2019.06.15

LANの伝送路に関する規格。IEEE802.3標準の伝送速度10Mbpsの規格とほぼ同義。登録商標でもある。コンピューター同士をどのようなケーブルを使って結び、どのような信号で、どうやり取りするかなどを決めている。OSI参照モデルの第2層、データリンク層の副層であるMAC層以下の仕様を定めている。
同軸ケーブル上で電波を使って通信する仕組みで、複数の端末が通信するために、CSMA/CD(carrier sense multiple access with collision detection:搬送波検知多重アクセス/衝突検出)という信号制御方式を採用している。現在では、同軸ケーブルではなくツイストペアケーブルを使うことが多い。伝送速度は年々高速化しており、今では100Mbps、1Gbps、10Gbpsまで高速化された規格が標準化されている。現在の主流は一気に価格が下がった1Gbpsの1000BASE-T/TX。
Ethernetは1973年、米ゼロックスのコンピューターサイエンス研究所で開発された。商用化を目指し、米国のディジタルイクイップメント(当時)、インテル、ゼロックスが共同で改良、規格化した。これを各社の頭文字をとってDIX規格という。
その後、IEEE(米国電気電子技術者協会)が1980年2月に発足させたLANの標準化委員会(IEEE802委員会)に提出され、1983年に同第3ワーキンググループが、IEEE802.3 CSMA/CD標準として認定した。IEEE802.3標準とEthernetは一部異なるものの、ほぼ同じ内容であり、同義語として扱われることが多い。PCソフトウェア


10ギガビットイーサネット 10Gigabit Ethernet


伝送速度10GbpsのEthernet規格。1999年に標準化審議が始まり、2002年6月にIEEE802.3aeとして標準化された。媒体として光ファイバーを使用し、伝送距離が最も長いもので40kmに達する。
現在、研究機関やプロバイダーのバックボーンなどを中心に普及が始まりつつある。Yahoo! BBを展開しているソフトバンクBBは、Yahoo! BBのバックボーンに10Gigabit Ethernetを採用しており、2003年4月から一部区間で運用を開始している。
また、IEEE(米国電気電子技術者協会)802委員会では銅線を使った10Gigabit Ethernetの標準化審議も開始された。PCソフトウェア


ファーストイーサネット FastEthernet


Ethernetの伝送速度を100Mbpsに拡張したLAN伝送路規格の通称のこと。100BASE-Xと100VG-AnyLANの2種類があるが、一般的には100BASE-Xの意味で使われることが多い。PCソフトウェア


ギガビットイーサネット Gigabit Ethernet


伝送速度1GbpsのEthernet規格の総称。
シールドなしのツイストペアケーブルを使う1000BASE-T、光ファイバーや同軸ケーブルを使う1000BASE-X(LX/SX/CX)がある。PCソフトウェア


ギガビットイーサネット gigabit ethernet


伝送速度1Gbps(=1000Mbps、10BASE-Tの100倍)のLAN標準「1000BASE-T」とほぼ同義。PCソフトウェア

トラックバックURL
トラックバック一覧
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL

メッセージ
記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る