インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

Google Playにアプリを登録
2019.06.18

AndroidアプリをGooglePlayでリリースするには、以下のような3つのステップで進めていきます。


Googleディベロッパーアカウントを作成するアカウントの作成には登録料として$25がかかります。


デジタル署名したパッケージファイル(apkファイル)を準備する作成はEclipseから可能です。


GooglePlayにアプリケーションを登録する


いよいよ登録に移ります。登録するには、下記3つの準備が必要です。


上記で作成したAPKファイル


スクリーンショット(2枚以上)


高解像度アイコン(512px×512px)

.NETとは
2019.06.18

 米マイクロソフトが提唱する、「インターネットなどを介して、あらゆるプラットフォームとあらゆる端末、サービスを結び付けるコンピューティング環境」のこと。2000年6月に発表された。同社が今後、従来のパッケージビジネスから、Webサービスなどネットワークを基盤としたサービスビジネスに転換を図る事業戦略を表す言葉でもある。 技術的には、Webサーバーやクライアントを、XMLを利用した「SOAP」と呼ばれる通信プロトコルを通じて連携させる。.NET環境では、Webサービスなどを利用するアプリケーションを「.NET Framework」という実行環境上で動作させる。開発ツール群「Visual Studio .NET」で、.NET Frameworkに対応したアプリケーションを開発できる。ドットネット 商品ランキング

.NET My Servicesとは
2019.06.18

 米マイクロソフトが提供する個人情報の管理サービス。開発コード名はHailStorm(ヘイルストーム)。個人名、スケジュール、アドレス帳、電子メール、クレジットカード情報、といった個人情報をマイクロソフトが1カ所で格納、管理することで、ユーザーの利便性を向上させるはずだった。
 しかし、マイクロソフトが個人情報を管理するという構想に対しては多くの批判が噴出し、同社は2001年末に方針を見直すことを決定。結局、開発が進んでいた通知サービスの「.NET Alerts」のみを同社が提供することになった。2003年3月には国内で.NET Alertsを利用したサービスがようやく開始された。ドットネットマイサービス 商品ランキング

.NET Frameworkとは
2019.06.18

 米マイクロソフトの.NET構想の中核となる技術で、WebサービスなどをWindows上で利用するために必要となる実行環境とライブラリーの集合体のことを指す。Javaにおける「Java仮想マシン」に近い存在だが、単一のプログラミング言語に限定されるJavaとは異なり、複数のプログラミング言語を利用できる。
 .NET FrameworkはWindows Server 2003で初めて標準搭載された。Windows 98/Me/NT4.0/2000/XP用の.NET Frameworkはマイクロソフトのサイトからダウンロードできる。
 2003年6月に国内で発売された開発ツール群「Visual Studio .NET 2003」は、.NET Frameworkに対応したサービスやアプリケーションを開発できる機能を盛り込んでいる。Visual Studio .NET 2003では、Visual Basic .NET 2003、C/C++をベースにしたVisual C# .NET 2003、Visual C++ .NET 2003、Java言語をベースにしたVisual J# .NET 2003の4つの言語で開発できる。ドットネットフレームワーク 商品ランキング

Javaとは
2019.06.15

1995年5月に米サン・マイクロシステムズが開発・発表したオブジェクト指向のプログラミング言語。C++がベースになっている。パソコンやプリンター、携帯電話、テレビなどの家電製品、などさまざまな分野での利用が考えられ、NTTドコモやKDDIの携帯電話などで利用されている。Javaという言葉自体が単にプログラミング言語よりも広い概念になっている。プログラミング言語としては、動的に確保したメモリーが参照されなくなると自動的に解放されるガベージコレクション機能を備え、ポインターの概念がないという特徴がある。
ネットワーク上にあるプログラムをダウンロードしてWebブラウザー上で動かすことができるのも特徴の一つ。このプログラムをJavaアプレットという。これに対し、Webブラウザーなしに単体で動作するものをJavaアプリケーションと呼ぶ。Javaで作ったプログラムを実行するにはJava VM(Java仮想マシン)というソフトが必要になる。Javaで記述したプログラムをコンパイルすると、Java VM用のバイトコードが生成される。そのため、Java VMを搭載していれば、どのプラットフォームでもJavaで作ったプログラムを動かすことができる。これが、Javaの特徴である「Write Once, Run Anywhere」(一度作成すればどのプラットフォームでも動く)のゆえんである。
OSや機種ごとのプラットフォームに依存しない半面、実行速度はそのプラットフォームに最適化されたソフトに比べて遅くなる。そのためJavaのバイトコードを実行するときに、プラットフォーム依存のコードに変換して実行速度を高速化するJIT(just in time)コンパイラーという技術が使われている。商品ランキング

Java2

もともとは米サン・マイクロシステムズが1998年12月に発表した、Javaの開発キットであるJDKのバージョン1.2の名称を指していたが、現在では、Javaを使った開発環境全般を指す。バージョン1.2の開発キットは「Java2 SDK,Standard Edition v1.2」。Windows版やLinux版などがあり、2005年5月時点でのJava2 SDK,Standard Editionの最新版は「v5.0」。Java2 SDKは必要最低限の開発環境が提供されているだけなので、これを強化してGUIでの開発環境を提供する、米サン・マイクロシステムズの「Sun Java Studio」やボーランドの「JBuilder」などがある。
Java2は機器別に3つに分かれる。一つはサーバー向けの「Java2 Platform, Enterprise Edition」(J2EE)、もう一つはクライアント向けの「Java2 Platform, Standard Edition」(J2SE)、3つ目は携帯電話などの組み込み機器向けである「Java2 Platform, Micro Edition」(J2ME)。いずれの開発にもJava2 SDK,Standard Editionが必要になる。NTTドコモのiモードでJavaを利用できる「iアプリ」はJ2MEがベースになっている。なお、IC カードのプラットフォームには「Sun Java Card System」がある。ジャバツー 商品ランキング

JavaBeans

Javaのプログラムで利用できるコンポーネントソフト(ソフトウエア部品)の仕様。この仕様に沿って作られたコンポーネントをBeanあるいはBeansと呼ぶ。よく使われる機能などを部品化し、再利用することで開発期間を短縮できるなどのメリットがある。
JavaBeansをサーバー向けに拡張した「Enterprise JavaBeans」(EJB)もある。製品として販売されていたり、EJBを使って業務アプリケーションを開発するためのツールが販売されている。ジャバビーンズ 商品ランキング

Java Card

もともとはJavaの技術を取り入れたICカードのことを指していたが、ICカードを使ったJavaの開発環境や技術全体を指すようになり、「Java Cardテクノロジ」と呼ぶ。
1枚のICカード上で複数のJavaアプレットを動かすことができ、複数のサービスを利用できるようになる。ICカード配布後に新たなサービスを組み込むことも可能。ICカードに組み込むJavaアプレットを開発するためのJava Card API、およびその実行環境であるJava Card VMがある。ジャバカード 商品ランキング

JavaChip

Javaのバイトコードを実行するための専用CPU。米サン・マイクロシステムズのマイクロプロセッサー部門である米サン・マイクロエレクトロニクスが開発した。チップにJava VMを実装しており、ハードウエアでバイトコードを実行するため、Javaプログラムの処理が高速になる。1996年2月に発表した。
JavaChipは、CPUのコアの仕様であり、ほかのメーカーにもライセンスしているpicoJavaや、picoJavaをベースにしたmicroJava、UltraJavaがある。また、picoJavaには仕様の違いでpicoJava IとpicoJava IIがある。ジャバチップ 商品ランキング

Java IDL

ネットワーク上の異なるコンピューターにあるオブジェクト同士が通信を行うための仕組み。プログラミング言語やプラットフォームに依存しない。OMG(オブジェクト・マネジメント・グループ)が策定したCORBA2.0の仕様に準拠している。ジャバアイディーエル Java interface definition language 商品ランキング

JavaOS

Java言語で作ったプログラムを動かすためのOSの名称。米サン・マイクロシステムズと米IBMが「JavaOS for Business」として開発していたが、1999年8月に開発は停止された。当初、Java VMやネットワーク機能などを備え、PDA(携帯情報端末)、NC(ネットワークコンピューター)、インターネット専用端末、携帯電話、家電製品など、従来のパソコンとは違う分野での利用が考えられていた。ジャバオーエス 商品ランキング

Java RMI

ネットワーク上の異なるコンピューターにある、Javaで作られたオブジェクト同士での通信を可能にするAPI。自分のコンピューターから、ネットワークに接続されているほかのコンピューターのリソースを利用できる。ジャバアールエムアイ Java remote method invocation 商品ランキング

JavaScript

米ネットスケープ・コミュニケーションズが開発したオブジェクト指向のインターネット用スクリプト言語。Javaと混同されることが多いが、別の言語である。マウスをクリックする、などユーザーの操作に合わせてWebページの表示内容を変えたり、アンケートなどでフォームに入力したデータをチェックするなど、HTMLだけではできない機能をWebページ上で実現できる。
Javaがソースをバイトコードという形にコンパイルしてインターネットなどを通じて実行されるのに対し、JavaScriptはHTMLファイルに直接コードを記述してブラウザーで実行する。Javaより実行速度は速いが、複雑なプログラムの作成には向かない。1997年6月には欧州の標準化団体ECMAが、JavaScriptに基づいたクロスプラットフォーム用のスクリプト言語としてECMAScript(ECMA-262)を定めた。ジャバスクリプト 商品ランキング

Java VM

Javaで作られたアプリケーションやJavaアプレットを実行するための環境のこと。通常プログラムをコンパイルすると、プラットフォームに依存した機械語に翻訳される。ところが、Javaで書かれたプログラムをコンパイルすると、プラットフォームに依存しないバイトコードが作られる。Java VMはこのバイトコードを実行する。
Java VMを搭載しているOSなら、Javaで作ったアプリケーションはどのOSでも動作する。ただし、バイトコードをコンピューター固有の命令に置き換えながら実行させるため、速度が遅くなってしまう。なお、現在Windows XPは標準でJava VMを搭載していないため、ダウンロードするなどして別途入手する必要がある。パソコンメーカーによっては、あらかじめインストールして出荷している場合もある。
ほかにも、携帯電話など組み込み機器向けの「Java2 Platform, Micro Edition」の実行環境であるKVM(K Virtual Machine)や、Java Card用の実行環境であるJava Card VMがある。これらは、機能を限定してサイズを小さくしている。ジャバブイエム Java virtual machine 商品ランキング

Javaアプリケーション

Javaで作成されたソフトのうち、ユーザーのコンピューターに組み込んで、Webブラウザーとは独立して単体で動作させることが可能なアプリケーション。Javaアプレットとは異なり、動作しているコンピューターのハードディスク(ローカルディスク)のファイルを読み込んだり、データを保存することが可能。ジャバアプリケーション Java application 商品ランキング

Javaアプレット

Javaで作成されたソフトのうち、HTMLファイルに組み込まれてWebサーバーからダウンロードし、Webブラウザー上で実行される形態のもの。NetscapeのブラウザーやInternet Explorerなど、Java VMを備えたWebブラウザーで実行できる。ユーザーのセキュリティを守るため、ダウンロードしたJavaアプレットは基本的にユーザー側のコンピューターのファイルを読み書きできない、ほかのアプリケーションを起動できないなどの制限がJavaの規約で定められている。最初にJavaアプレットが置かれたWebサーバーからデータを読み込んだり、保存することは可能。
Webサーバーからダウンロードして実行できる機能を悪用して、パソコンをハングアップさせるなど不正なJavaアプレットもある。これに対処するため、ウイルス対策ソフトには不正なJavaアプレットをチェックする機能もある。ジャバアプレット Java applet 商品ランキング

Java仮想マシン

Javaで作られたアプリケーションやJavaアプレットを実行するための環境のこと。Java virtual machine 商品ランキング

JDBC

Javaのプログラムからデータベースにアクセスするためのインタフェースの仕様。実際にデータベースにアクセスするためにはJDBCドライバーが必要になる。JDBCドライバーは米オラクルなどのデータベースソフトメーカーなどが提供している。JDBCには、このJDBCドライバーの仕様は含まれていない。JavaのプログラムからJDBCドライバーを呼び出すためにはJDBC APIを利用する。ジェイディービーシー Java database connectivity 商品ランキング

JDK

JavaアプレットやJavaアプリケーションを開発するための開発キット。バージョン1.1まではJDKと呼ばれていたが、1998年12月に登場したバージョン1.2(JDK1.2)から「Java2 SDK,Standard Edition v1.2」となった。Java2 SDK, Standard Editionではセキュリティ機能や日本語環境が強化され、実行性能が向上した。ジェイディーケー Java Development Kit 商品ランキング

JFC

米サン・マイクロシステムズが開発したオブジェクト指向言語であるJavaのクラスライブラリー。同社と米ネットスケープ・コミュニケーションズが共同開発し、1998年2月にはJFC1.1を発表した。Javaの開発キットJava2(JDK1.2)以降にはJFCが含まれている。ジェイエフシー Java foundation classes 商品ランキング

JRE

Javaの開発キットであるJDKやJava2に含まれる実行環境。Java VMやJavaのコアとなるクラスなどで構成されている。コンパイラーやデバッガーなどは含まない。JREがあればJavaアプリケーションを実行できる。ジェイアールイー Java runtime environment 商品ランキング

MAJC

米サン・マイクロシステムズが開発した、JavaやC言語、C++で作られたプログラムを実行するのに適しているマイクロプロセッサーのアーキテクチャー。「マジック」と読む。DSPやVLIWなどのアーキテクチャーをベースに開発された。JavaChipとは異なり、Java VMは実装せず、主にインターネットなどのネットワーク上で流れる映像や音声などのストリーミングデータを高速に処理する。
MAJCのアーキテクチャーは1999年8月に発表され、10月にMAJCを採用したプロセッサー「MAJC 5200」を発表。ワークステーションやセットトップボックス、情報家電などでの利用が考えられている。また、グラフィックスアクセラレーターとしての用途にも使われる。マジック microprocessor architecture for Java computing 商品ランキング

Personal Java

携帯情報端末(PDA)やセットトップボックス、ゲーム機などのコンシューマー機器を対象にしたJava環境のこと。Personal Java1.0が1997年12月に発表された。現在、Personal JavaはJ2MEの一部となっている。パーソナルジャバ 商品ランキング

Sun Java System

米サン・マイクロシステムズが2003年10月に発表した、同社製ソフトウエアの製品や関連サービスを整理・統合したソフトウエア体系。ソフトウエアの導入やシステムのコストなどを分かりやすくするため、用途に応じて6つのJavaブランドに分類した。
6分野は、企業向けのシステムやWebサービスなどを構築するための「Sun Java Enterprise System」、ワープロや表計算ソフトなどのオフィスソフトであるStarSuiteやメール、Webブラウザーなどを統合した「Sun Java Desktop System」、各種の開発ツールをまとめた「Sun Java Studio」、Java対応の携帯機器向けの「Sun Java Mobility System」、Java Card向けの「Sun Java Card System」、異機種混在環境のデータセンター向けの「N1」がある。サンジャバシステム 商品ランキング

記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 06 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る