インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

ライセンスの認証とは
2019.06.22

 Windows XPやOffice XPなどで導入された製品ライセンスの認証の仕組み。Windowsは、1つのパッケージ(ライセンス)では1台のパソコンにしかインストールできない(Officeの場合は、特定の1人が使う場合に限ってパソコン1台+携帯パソコン1台にインストールできる)。しかし、1つのパッケージを買ってきて複数のパソコンにインストールするなど、不正使用が後を絶たない。こういった不正使用を防ぐために導入された。
 Windows XPやOffice XPをインストールする際にパソコンのハードウエア構成などが精査され、その情報とユーザーが入力したプロダクトIDとを使って特別なID(インストールID)を生成する。これをインターネット経由か電話でマイクロソフトの認証センターに送って認証する。その後、別のパソコンに同じライセンスのソフトをインストールした場合は、認証の手続きをしようとしてもエラーになる。このライセンス認証作業は、Windows XPの場合は最初にパソコンを起動してから30日以内、Office XPの場合はOfficeアプリケーションの起動50回以内に行う必要がある。
 メーカー製パソコンのようにインストール済みの場合は出荷段階で認証が済んでいるため、ユーザー自身が実行する必要はない。 商品ランキング

Windows Server 2003、ついにサポート終了 残った6万台のサーバーでチェックすべきこと [ZDNet Japan Ad Special] (2015-08-18 13:00)http://japan.zdnet.com/extra/lenovo_201508/35068136/マイクロソフトは「Windows Server 2003」のサポートを終了した。現在、ライセンス認証やセキュリティ更新プログラムの提供を含む、すべてのサポートが行われていない。マイクロソフトは、2008年4月から折に触れて、Windows Server 2003のサポート終了時期と移行の重要性を告知してきたが、サポート終了時点で約6万台が残るとしている。

バイオメトリクス認証

 生体認証。ネットワークにアクセスしたり、パソコンにログオンする際などに、指紋や網膜、虹彩、声紋、手のひらの静脈パターンなど、人間の身体的な特徴を使ってユーザーを認証する方法。顔形認識による認証や、ペンで書くサイン(筆跡)を使った認証も、バイオメトリクス認証といわれる。biometrics authentication 商品ランキング

認証サーバー

 インターネットなどのネットワーク上で電子証明書の発行、管理を受け持つサーバーのこと。 インターネット上でユーザーやサーバーの身元を保証するためには、電子的な証明書が使われる。この証明書は通常、第三者である認証機関(米ベリサインなど)の審査を経て発行されるが、企業内のイントラネットなどで、利用者が社員であることが証明できればよい場合など、認証機関に依頼するまでもないケースがある。こうした場合でも、電子証明書を発行、管理するソフトウエアが必要になる。その役割を担うのが認証サーバーである。
 発行された電子証明書はWebサイトやWebブラウザーに組み込まれ、互いに電子証明書をやり取りして、相手が正規ユーザーかどうかを自動的に確認する。authentication server 商品ランキング

認証局

 ネットワークで、個人や法人の実在性、信頼性、正当性を保証するための電子証明書を発行する機関のこと。CA局、CAセンターと呼ぶこともある。認証局には、本人性を第三者機関が証明するパブリックCAと、企業内ネットワークで、企業自身が認証局となるプライベートCAがある。
 一般に認証局といえば、パブリックCAを指すことが多い。パブリックCAの役割を果たす認証局ビジネスをしている企業には、日本ベリサインや日本認証サービスなどがある。また、2000年4月に成立した「商業登記法等の一部を改正する法律」により、商業登記の際に登記所がパブリックCAになる制度も設けられた。certificate authority(CA) 商品ランキング

認証

 個人や法人の実在性、信頼性、正当性を保証すること。コンピューターやネットワークでは、セキュリティを保つためにさまざまな認証技術が利用されている。代表的なものとしては、パスワードなどを使った本人確認が挙げられる。パソコンへのログオンや、Webサービス利用時などによく使われている。
 本人確認にはICカードなどのハードウエアや、指紋・虹彩・静脈など人間の身体的な特徴を利用したバイオメトリクスを使うこともある。また認証技術としては、第三者機関である認証局が、個人や法人の信用情報をチェックしたうえで電子証明書を発行し、その実在性と本人であることを証明する、いわゆる「電子認証」もある。authentication, authorization 商品ランキング

電子認証

 コンピューターやネットワークで、個人や法人の実在性、信頼性、正当性などを保証すること。electronic authentication 商品ランキング

公的個人認証基盤

 地方公共団体によるサービス提供のための基盤。ネットワーク上で実在の住民であることを証明する。これまでは申請者が実在の住民であることを証明することは困難で、インターネットでの行政サービスの申し込みは体育館の予約などごく一部に限られていた。
しかし公的個人認証を利用することで、インターネットでの法人税や個人税の申告・納税やパスポートの申請などが徐々に始まる予定になっている。2004年1月から住民基本台帳カード(住基カード)などのICカードを使って、インターネット経由で行政サービスを受けられる公的個人認証サービスが始まった。ICカードに市区町村の窓口で電子証明書を発行してもらい、公開鍵暗号方式を用いた電子署名を使って個人認証を行う。
電子証明書の有効性を確認する認証サービスは都道府県の認証局が実施する。認証局はその電子証明書が住基ネットから通知される失効リストに載っているかどうかを確認する。Japanese public key infrastructure(JPKI) 商品ランキング

Windows Server 2003、ついにサポート終了 残った6万台のサーバーでチェックすべきこと

マイクロソフトは「Windows Server 2003」のサポートを終了した。現在、ライセンス認証やセキュリティ更新プログラムの提供を含む、すべてのサポートが行われていない。マイクロソフトは、2008年4月から折に触れて、Windows Server 2003のサポート終了時期と移行の重要性を告知してきたが、サポート終了時点で約6万台が残るとしている。
商品ランキング

GNUとは
2019.06.15

 米FSF(Free Software Foundation)が推進しているフリーソフト普及活動のこと。「コンピューターで使うソフトウエアは無償で広く普及させるべき」という思想に基づいて、UNIXで動作するものを中心にさまざまなソフトウエアを開発している。開発したソフトの著作権は同協会に属している。配布はGPLというライセンスの規定があるものの、無料で他人にコピーを渡すことは許諾している。グヌー、グニュー GNU is not UNIX 商品ランキング

Debian GNU/Linux

 Linuxのディストリビューションの一つ。GNUプロジェクトの米FSF(Free Software Foundation)が推進している。Red Hat Linuxで採用しているRPM形式に似たdeb形式と呼ばれる形でパッケージ(ソフトウエア)の組み込み、削除、更新が容易にできる。日本語環境は「Debian JP Project」として、日本のユーザーを中心に整備されている。デビアングニューリナックス 商品ランキング

gcc

 CやC++、Javaなどの言語で記述したプログラムを、実行形式に変換するコンパイラー。GNUプロジェクトの成果物で、フリーウエアとして公開している。各種UNIX用のほか、MS-DOS版やWindows版などが存在する。ジーシーシー GNU compiler collection 商品ランキング

GNOME

 UNIX向けウインドウシステムのX Window Systemに対応したウインドウマネージャーの一つ。GNUプロジェクトの一環として、1997年にメキシコ・オートノマス国立大学のミゲル・デ・イカザ(Miguel de Icaza)氏が開発した。Linuxユーザーの間で人気があるウインドウマネージャーにはKDEもある。GNOMEをサポートするOSベンダーである米サン・マイクロシステムズや米レッドハットなどは、普及団体としてGNOMEファウンデーションを設立。これに対して、米IBMや米ヒューレット・パッカード(HP)などは、KDEを推進するKDEリーグを設立している。グノーム GNU network object model environment 商品ランキング

linux

 米FSF(Free Software Foundation)のリチャード・ストールマン(Richard Stallman)氏が推しているLinuxの呼称。Linuxとは厳密にはカーネル部分だけを指す言葉で、単体ではシステムとして機能しない。実際にOSとして利用するには各種コマンドやライブラリーなどが必要になる。現在Linuxとして流通しているディストリビューションではGNUの成果物であるさまざまなフリーウエアを組み合わせてOSとして機能している。このため単にLinuxと呼ぶのではなくGNU/Linuxと呼ぶべきだ、というのが同氏の主張。グヌーリナックス、グニューリナックス 商品ランキング

グヌーテラ

 P2P型ファイル交換ソフトの一つ。インターネットに接続しているパソコンに組み込むことで、ソフトを起動しているユーザー同士が、互いのハードディスクにあるファイルを検索・交換できるようになる。オリジナル版は、2000年にソフトウエア開発会社の技術者が開発・無料配布したが、すぐに公開を中止した。現在はGnutella互換ソフト(クローン)が広く使われている。 同種のファイル交換ソフトである「Napster」と違い、ファイル検索用の中央サーバーを持たないのが大きな特徴。Gnutellaを組み込んだパソコンは、相互に通信を行うことでまずネットワークを構築する。あるパソコンでファイルを検索すると、ネットワーク内の各パソコンがバケツリレーのように目的ファイルの有無を問い合わせる。ファイルが見つかると、その時点で、初めに検索をしたパソコンと、そのファイルを持つパソコンが直接通信を行い、ファイルを交換する仕組み。 仕組みや技術に問題はないが、音楽や映画のデータ、わいせつ画像などが違法に交換されているとして社会問題になっている。日本では、同種の「WinMX」というソフトや、ユーザー間でファイルが自動共有される「Winny」というソフトを使って、他人の著作物を違法に公開していた者が逮捕されている。Gnutella 商品ランキング

Mule

 UNIXで広く使われているテキストエディターの一つ。前身のEmacsに多言語を取り扱う機能を追加したのが特徴。商品ランキング ミュール multilingual enhancement to GNU Emacs

Justsystem Office
2019.06.15

ジャストシステムのワープロや表計算などを統合したオフィスソフト。1994年3月に「一太郎Office」として登場、1999年2月から「Justsystem Office9」と改称、2000年3月に「Justsystem Office10」を発売したが、その後は販売を完了。
現在では「一太郎2005&花子2005スペシャルパック」として販売している。ジャストシステムオフィス 商品ランキング

PageMakerとは
2019.06.15

 米アドビ システムズが販売する代表的なDTPソフト。もともとは米アルダスの製品だったが、合併によりアドビシステムズの製品となった。Windows用とMac OS用があり、2003年夏時点での日本語最新版は「PageMaker 7」。ページメーカー 商品ランキング

Window Maker

 X Window System上で使うウインドウマネージャーの一つ。フリーソフトとして流通している。NEXTSTEPのGUIをまねた外見が特徴。ウインドウメーカー 商品ランキング

Windows ムービー メーカー

 Windows Me/XPが搭載している簡単なビデオ編集機能。デジタルビデオカメラなどから動画をパソコンに取り込んで必要な部分だけをつなぎ合わせたり、音楽やナレーションを付けるなど簡単な編集ができる。2003年2月にはWindows XP用に編集機能を強化した新バージョン「Windows ムービー メーカー 2」の提供が開始された。Windows Movie Maker 商品ランキング

ファイルメーカー

 ファイルメーカーが販売するデータベースソフトとデータベースサーバーの総称。2005年6月時点の最新版はデータベースソフトが「ファイルメーカーPro 7」、データベースサーバーが「ファイルメーカー Server 7」。このほかに開発者向けの「ファイルメーカー Developer 7」や、携帯情報端末のPalmOSやPocket PCとデータを共有したり、iモード対応携帯電話からデータベースにアクセスできるようにする製品もある。 ファイルメーカーProは、WindowsとMacintoshの両方に対応し、混在する環境でも利用できる。また、ファイルメーカーProを起動したパソコンがそのままWebサーバーとなって、データベースの内容をイントラネットやインターネットで公開できる。FileMaker 商品ランキング

ファイルメーカーPro

 ファイルメーカー(旧クラリス)の販売するデータベースソフト。初心者にも扱いやすく、個人ユーザーに広く受け入れられた。Windows用とMac OS用で同じデータファイルを共有できるほか、Webブラウザー経由での検索が容易なのが特徴。ファイルメーカープロ ;FileMaker Pro 商品ランキング

VBAとは
2019.06.15

 Microsoft Officeのアプリケーションで共通して利用できるマクロ言語。最新のオフィスソフト「Office 2003」でも使える。マイクロソフトの開発言語Visual Basicがベースになっている。1994年3月発売の「Excel 5.0」で初めて採用された。1997年3月発売の「Office 97」ではワープロのWord、表計算のExcelなどで、マクロ言語がVBAに統一された。1999年7月発売の「Office 2000」では個人情報管理のOutlook、プレゼンテーションのPowerPoint、Webサイト作成・管理のFrontPageでもVBAとなった。ブイビーエー Visual Basic for Applications 商品ランキング

VB

米マイクロソフトの開発ツール「Visual Basic」の略。 商品ランキング

VBI

 テレビでは水平方向に走る走査線が画面の上部から順次送られることによってビデオ画像を表示する。その走査線が起点に戻るときに生じる信号のすき間がVBI(垂直帰線消去期間)。走査線525本中、VBIは21本ある。 VBIを利用したデータ放送も始まっている。日本では1985年に文字放送用4本、1995年にデータ放送用4本、計8本VBIの利用が許可された。
 データ放送は1996年10月にテレビ東京がインターテキスト方式、1997年6月に全国朝日放送(テレビ朝日)がADAMS方式、1997年7月に東京放送(TBS)がビットキャスト方式で放送を開始、各種サービスを提供している。ブイビーアイ vertical blanking interval 商品ランキング

VBR

 転送するデータのビットレートを、状況に合わせて自動で変化させることを指す。可変ビットレートとも呼ばれる。動画の場合、動きの激しいシーンや縞模様など細かい絵柄を記録するときにビットレートを高くして画質の劣化を少なくする。逆に単調で動きの少ないシーンではビットレートを低くコントロールしデータの生成量を抑制する。あらかじめ決まった平均ビットレート条件で、より効率的かつ安定した画質を得るためのストリーム制御技術である。ブイビーアール variable bit rate 商品ランキング

VBScript

 米マイクロソフトが開発したインターネット用のスクリプト言語。プログラミング言語であるVisual Basicが基になっている。マウスをクリックする、などユーザーの操作に合わせてWebページの表示を変えたり、アンケートなどでフォームに入力したデータをチェックするなど、HTMLだけではできない機能をWebページ上で実現できる。HTMLファイルの中に直接コードを記述し、クライアント側のWebブラウザー(Internet Explorer 3.0以降)がインタプリターとなって実行する。
 マイクロソフトでは、C言語やC++、Javaを使うユーザーにはJScriptが、Visual Basicを使うユーザーはVBScriptが使いやすいとしている。
 なお、Windows 98/Me/2000/XPでは、VBScriptを実行するための環境であるWindows Scripting Hostを標準搭載しており、ブラウザーがなくても実行できる。一方で、一時期VBScriptを悪用して感染を広げるコンピューターウイルスが数多く発見されていたが、最近ではあまり見つかっていない。ブイビースクリプト Visual Basic Scripting Edition 商品ランキング

VBX

 Visual Basicのバージョン2.0までで使われていたソフトウエア部品。プログラムを作成する時に利用できる。正しくはVisual Basicカスタムコントロールと呼ぶ。ファイル名にはvbxという拡張子が付く。 VBXは16ビットのカスタムコントロールであり、Visual Basic5.0以降では利用できない。32ビットのカスタムコントロールはOCXという。ブイビーエックス 商品ランキング

記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 06 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る