インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

ルーターには新しいインターネット回線へ接続するための設定を再度行う必要
2019.11.14
インターネット接続の再設定が必要 インターネット回線を変更するわけですから、ルーターには新しいインターネット回線へ接続するための設定を再度行う必要があります。 無線LANを使う場合は、無線LAN親機が必要になります。しかし、インターネット回線を変更すると、これまで使用していた無線LAN親機が利用できなくなる場合があります。たとえば、前の回線で使用していたレンタルのADSLモデムに付いていた無線LAN親機機能を使っていた場合などです。 無線LAN親機も、新しいインターネット回線のサービス(有料オプションが多い)を利用するか、別途、無線LAN親機を購入するかを考えなければなりません。 また、ルーターの有無によって、無線LANアクセスポイントにするかを決める必要があります。 無線LAN親機も、ルーターと同様に、インターネット回線を変更した際の重要なポイントとなるのです。
光ファイバー回線では光電話や機器レンタル
2019.11.14
提供される機器を確認しておく 光ファイバー回線では光電話や機器レンタルなどのオプションサービスを選択しない限り、基本的には回線終端装置(VDSL宅内装置)までしか提供されません。回線終端装置(VDSL宅内装置)には複数のパソコンをインターネットヘ接続させるためのルーター機能がありません。 これまでADSL回線でルーター機能付きモデムを使って複数のパソコンを接続していた場合は、光ファイバー回線導入時にルーターの購入、もしくは回線事業者からオプションとして提供される機器を確認しておくとよいでしょう。
後から無線LANを使いたくなったら
2019.11.14
光電話対応ルーター(無線LANオプションなし)後から無線LANを使いたくなったら 後から無線LANを使いたくなったら、CASE2になります。無線LANアクセスポイントを追加すればOKです。ルーターに無線LAN昨日を追加できる場合は、それでもかまいません。その場合はCASEIになります。
有線ブロードバンドルーターを持っていない場合
2019.11.14
有線ブロードバンドルーターを持っていない場合は、新たに無線ブロードバンドルーターが必要になります。 インターネット回線が変わっているので、無線ブロードバンドルーターに新しいインタ一ネット回線に接続する設定が必要になります。また、無線LANを使用するために、無線ブロードバンドルーターと無線LAN内蔵パソコンなど子機側のパソコンすべてで、通信できるように設定する必要があります。
光ファイバー回線を利用した電話サービス(光電話)
2019.11.14
 光ファイバー回線を使った固定電話サービスが光電話です。月々300~500円程度のオプション料金で利用できます。固定電話のような基本料金はありません。なお、光電話は、光ファイバー回線を使った電話の総称で、「ひかり電話」はNTT東西会社が提供している光電話サービスの名称です。 光電話は、通信経路に光ファイバー回線を使用する電話で、従来のアナログ電話と使い勝手はまったく同じで、今まで使用していた電話機でそのまま利用できます。電話番号も、アナログ電話回線やISDN回線と同じ番号が利用できます(同じ番号を使う場合は、従来の電話回線を休止または解約する必要があります)。電話加人権は必要ありません。た:だし、0990(ダイヤルQ2)など、使えないサービスもあります。 通話料金も、全国一律料金となるので、遠距離への通話が多いユーザーは大変お得になります。また、同じ事業者や提携プロバイダ間では無料になる場合もあります(事業者によります)。
記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 11 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る