インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

10BASE規格
2019.06.21

 LANの伝送路に関する規格。ケーブルの形状や接続方法などを決めている。10BASE5、10BASE2、10BASE-Tという3種類の規格が代表的。それぞれケーブルの種類は異なるが、転送速度はいずれも10Mbps。IEEE(米国電気電子技術者協会)の802委員会で制定された。

 伝送媒体として光ファイバーを使う10BASE-Fという規格もある。 現在、国内のLANで利用されている伝送路は、10BASE規格に対応したものが主流になっている。しかし、音声や動画など、マルチメディアデータを転送するためには10BASE規格の10Mbpsの転送速度では不十分となる可能性が高い。既に転送速度が100Mbps以上の高速の規格が登場しており、導入が始まっている。FastEthernetやATMがその代表。10BASE規格 10base standard 商品ランキング

10BASE-Fとは
2019.06.19

 LANの伝送路に関する標準の一つ。10BASE-Tにおける銅線部分を光ファイバーに置き換えたもの。10BASE-Tなど銅線を使う伝送路に比べ、電気や磁気ノイズなどに強く、最大延長も長いという利点がある。工場などでモーターのそばの配線だけを光ファイバーに置き換えるといった使い方もする。10BASE-Fテンベースエフ 商品ランキング

10BASE5とは
2019.06.19

 LANの伝送路に関する標準の一つ。伝送速度10Mbps、ベースバンドという信号伝送方式を採用し、1セグメントの最大延長が約500mという意味。配線に直径10mm前後の同軸ケーブルを使い、トランシーバー(media attachment unit:MAU)と呼ばれる機器を介してパソコンに接続する。黄色い被覆の同軸ケーブルを使うことが多いため、イエローケーブルと呼ぶことも多い。ノイズに強くケーブルを長くできるので、ビルの各フロアを結ぶ幹線ケーブルなどに使われる。半面、一般ユーザーには取り扱いが難しく、パソコンの移動や追加に柔軟に対応できない。現在でもビルの各フロア間の接続などで使われているが、新規でLANを敷設するような場合は、さらに高速の伝送路が使われるようになってきている。10BASE5テンベースファイブ

1xEV-DOとは
2019.06.18

 データ通信に特化して高速通信を実現した第三世代携帯電話サービスの一つ。正式には「CDMA2000 1xEV-DO」。1セクター当たり最大2.4Mbps、平均600~800kbpsになる。1xEV-DOを使って2003年11月にauが開始したサービスが「CDMA 1X WIN」。 1xEV-DOは、米クアルコムが開発したHDR(High Data Rate)をベースに標準化された技術。下りの通信は短い時間単位で各端末に電波を割り当てる方法(時分割多重)を採用して同じエリア内での電波干渉を低く抑え、さらに1つの信号ブロック当たりで送信できる情報を増やせる変調方法を採用するなどして、高速化を実現した。1xEV-DO 1x evolution-data only 商品ランキング

Linuxとは
2019.06.15

パソコン向けのUNIX互換OSで、フィンランドのリーナス・トーバルズ(Linus Torvalds)氏がヘルシンキ大学在学中の1991年に開発した。Linuxという名称は同氏の名前とUNIXを組み合わせたもの。GPLというライセンス体系に基づき、自由に改変、再配布を行えるようにしたことで、世界中のプログラマーが無償で開発に参加し、トーバルズ氏を中心に機能拡張や改良が続けられている。当初はPC AT互換機向けに開発されたが、現在ではMacintosh、SPARCStationなどのプラットフォームへの移植も行われている
当初は大学などの学術機関を中心に使われていたが、米インテルや米IBMなど大手コンピューター企業がサポートするようになったことから、一般の企業でもサーバー用途を中心に利用されるようになってきた。
トーバルズ氏が開発したのはカーネルと呼ばれるプログラムの中核部分。Linuxは本来カーネルのみを意味するが、シェルやコマンド、各種アプリケーション、開発環境などの周辺プログラムもまとめた配布パッケージであるディストリビューションを指す場合も多い。代表的なディストリビューションには、レッドハットの「Red Hat Linux」、ターボリナックスの「Turbolinux」などがある。リナックス 商品ランキング

Debian GNU/Linux

Linuxのディストリビューションの一つ。GNUプロジェクトの米FSF(Free Software Foundation)が推進している。Red Hat Linuxで採用しているRPM形式に似たdeb形式と呼ばれる形でパッケージ(ソフトウエア)の組み込み、削除、更新が容易にできる。日本語環境は「Debian JP Project」として、日本のユーザーを中心に整備されている。デビアングニューリナックス 商品ランキング

GNU/Linux

米FSF(Free Software Foundation)のリチャード・ストールマン(Richard Stallman)氏が推しているLinuxの呼称。Linuxとは厳密にはカーネル部分だけを指す言葉で、単体ではシステムとして機能しない。実際にOSとして利用するには各種コマンドやライブラリーなどが必要になる。現在Linuxとして流通しているディストリビューションではGNUの成果物であるさまざまなフリーウエアを組み合わせてOSとして機能している。このため単にLinuxと呼ぶのではなくGNU/Linuxと呼ぶべきだ、というのが同氏の主張。グヌーリナックス、グニューリナックス 商品ランキング

Li18nux

Linuxシステムの国際化を推し進める非営利団体。1999年9月に設立された。米IBMやNEC、富士通などのメーカー、米レッドハットなどのディストリビューター、Samba開発チームなどが参加している。Li18nuxでは、システムの多言語対応やアプリケーションのローカライズ、関連文書の翻訳などを効率良く作業できるように活動している。具体的には、国際化やローカライズの手法を示した文書を整備する、国際化APIや機能単位の仕様を提供する、開発プロジェクト間の調整作業を行うなどがある。ちなみにi18nとはinternationalizationの略(先頭と末尾を除くと18文字のため)。なお、2000年5月、Linuxの互換性向上の目指す団体LSB(Linux Standard Base)と合流し、Free Standards Groupを存続組織とした。Linux Internationalization Initiative 商品ランキング

Midori Linux

米トランスメタが開発した携帯機器向けのLinux。当初はMobile Linuxと呼ばれていた。消費電力を抑えたトランスメタのx86互換CPU「Crusoe」と組み合わせ、携帯型のインターネット端末で使うことを想定している。省電力機能を強化し、少ないメモリーでも動作するような改善がなされている。商品ランキング

Mobile Linux

米トランスメタが開発した携帯機器向けのLinuxの開発コード名。正式名称は「Midori Linux」。モバイルリナックス 商品ランキング

OpenLinux

Linuxディストリビューションの一つ。米SCOグループ(旧カルデラインターナショナル)が開発した。同社は現在、OpenLinuxに加え、SystemV直系のUnixWareも併売している。SCOグループは、UNIXの知的財産権をめぐってLinuxディストリビューターなどを訴えている。オープンリナックス 商品ランキング

Plamo Linux

Linuxの日本語化ディストリビューションの一つ。こじまみつひろ氏を中心に開発、整備が進められている。主要ディストリビューションの一つであるSlackwareと、その日本語環境PJEを融合する形で作成された。プラモリナックス 商品ランキング

Red Hat Linux

Linuxのディストリビューションの一つ。米レッドハットが開発、販売している。Linuxディストリビューションの中では、全世界で非常に大きなシェアを持つ。ソフトウエアの管理にはRPM形式を使っており、比較的容易にソフトウエアの組み込みや削除、更新が行える。日本語版もある。レッドハットリナックス 商品ランキング

SuSE Linux

Linuxのディストリビューションの一つで、独SuSEリナックスが開発した。日本ではあまり普及していないが、ヨーロッパでは広く使われる。ソフトウエアの組み込みや削除(パッケージ管理)は、Red Hat Linuxと同じRPM形式を採用する。なお同社は2003年11月、米ノベルに買収された。スージーリナックス 商品ランキング

Turbolinux

Linuxのディストリビューションの一つ。ターボリナックス(旧パシフィック・ハイテック)が開発した。日本語が標準で扱える初めてのディストリビューションとして人気を博した。ターボリナックスジャパンは、現在はライブドアの100%子会社。ターボリナックス 商品ランキング

UnitedLinux

企業向けLinuxディストリビューションを共同開発し、動作検証する団体。Linux市場で独走するRed Hat Linuxに対抗する狙いで、Linuxディストリビューションを開発する米カルデラインターナショナル(現SCOグループ)、ブラジルのコネクティバ、独SuSEリナックス、米ターボリナックスの4社が共同で2002年5月に設立した。OSの中核部分を共通化し、各ディストリビューションに搭載。これにより、異なるディストリビューション上で同じアプリケーションを動作させることが狙い。ユナイテッドリナックス 商品ランキング

Vine Linux

Linuxのディストリビューションの一つ。日本語機能を充実させることを目標に、日本のユーザーが開発を進めている。Red Hat Linuxをベースとする。インストーラーやアプリケーション、メッセージなどの画面が日本語になっているほか、かな漢字変換機能や日本語フォントを搭載する。ワインリナックス 商品ランキング

記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 06 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る