インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

サーバー
2019.06.11

ネットワーク上で、ほかのコンピューターに対して各種のサービスを提供するコンピューターやソフトウエアのこと。サーバーが提供するサービスを利用する側をクライアントと呼ぶ。代表的なサーバーには次のようなものがある。 ファイルサーバーは、ハードディスクやMOなどの記憶装置をクライアントが共有できるようにする。 プリントサーバーは、クライアントがプリンターを共有できるようにしたり、LANに接続されているプリンターを共有プリンターにして制御する。
 コミュニケーションサーバーは、モデムなどの通信装置をクライアントが共有できるようにする。 データベースサーバーは、データベースを保有し、クライアントから検索や更新などの要求を受けて処理を行い、結果をクライアントに返す。
 メールサーバーは、電子メールの機能を提供する。電子メールの送受信や各ユーザーの電子メールの管理を行い、電子メールの利用者の管理も行う。
 Webサーバーは、HTMLファイルをHTTPと呼ぶプロトコルを使ってクライアントに配信し、クライアントのWebブラウザーが表示できるようにする。
 FTPサーバーは、FTPと呼ぶプロトコルでファイルを送受信する。
 小規模なLANやネットワークでは、これら各種のサーバー機能を1台のサーバー機で実現する場合もある。ただし、クライアントが増えてくると負荷が集中し、処理が遅くなる。一定規模以上のネットワークでは、サーバーを複数台設置して、処理を分散させることが多い。server 商品ランキング

ホームサーバー

家庭に設けたネットワーク上で、ほかのコンピューターや家電に対し、動画や音楽のデータを提供するコンピューターのこと。
 現在市販されているホームサーバーは、テレビ画像をやり取りするための製品が多いが、何をサーバーとするかで2つのタイプに分けられる。1つは、テレビ機能付きのパソコンをサーバーとするもの。
パソコンで編集したテレビ画像を、別室のリビングに置いた大画面のテレビで再生するような使い方が可能になる。もう1つは、家電のHDDビデオレコーダーをサーバーとするタイプ。レコーダーに録画したテレビ番組を、ネットワーク経由でパソコンで再生できるほか、パソコンからの録画予約に対応した機種も多い。home server 商品ランキング

PCサーバー

サーバー用に設計されたパソコンのこと。ノベルの「NetWare」やマイクロソフトの「Windows NT/2000」など、ネットワーク利用を主眼にしたパソコンOSとともに普及してきた。最近ではフリーのUNIX互換OS、Linuxを搭載したPCサーバーも増えている。 かつて、サーバーといえばメインフレームやUNIXワークステーション、オフコンなどを指した。それがWindows NTの高機能化、そしてパソコンそのものの性能向上などを背景に、かなりの部分がパソコンに置き換わっている。1990年代後半には台数ベースではUNIXを追い抜き、サーバー市場のトップとなった。
 PCサーバー用のパソコンには、一般のパソコンにない、システムダウンやデータの破損を防ぎ、被害を最小限にするための機能が含まれている。信頼性の高い部品を使い、障害時にもシステムがダウンしないような機能もある。誤り検出訂正機能を備えたECCメモリー、CPUやハードディスクの障害発生を事前に検知して警告を出すソフトなどが代表的。このほかサーバーを停止せずにハードディスクや拡張カードを交換できるホットスワップ機能、複数のハードディスクにデータを分散させてディスクの故障に備えるRAIDを搭載した製品もある。
CPUの追加や複数システムの結合に対応できる製品もあり、一般的に拡張性が高い。PC server 商品ランキング

FAXサーバー

LAN上でファクシミリ送受信の機能を実現するサーバーのこと。送信する場合、ユーザーはパソコンからLANを経由してFAXサーバーにデータを送る。サーバーは受け取ったデータをいったんハードディスクなどに保存した後、順次指定された相手に電話回線を通じてファクシミリを送る。先方が話し中なら、一定時間おいて処理を繰り返す。送信の完了や中断などの管理情報をパソコンに通知する。
 受信の場合はデータを画像ファイルとして保存し、ユーザーが適宜自分あてのデータを取り出したり、管理者がLANを経由して各自のパソコンに電子メールなどで配信する。facsimile server 商品ランキング

Windows .NET Server

Windows 2000 Serverの後継の名称だったが、2003年1月に正式名称が「Windows Server 2003」に変更された。2003年4月に米国で、2003年6月に国内で出荷が始まった。ウインドウズドットネットサーバー 商品ランキング

Windows Server 2003

Windows 2000 Serverの後継となるサーバーOS。旧名称は「Windows .NET Server 2003」。米国では2003年4月から、国内では2003年6月から出荷が始まった。 Windows 2000をベースにしており、インターネットサーバー機能であるIISのパフォーマンス向上や、標準設定で動作しているサービスを減らすなどセキュリティ機能の強化、安定性の向上などが図られている。
製品パッケージとしては、Webサーバー用途向けの「Windows Server 2003 Web Edition」、一般用途向けの「同Standard Edition」、中大規模用途向けの「同Enterprise Edition」、大規模データベースなど基幹業務向けの「同Datacenter Edition」がある。ウインドウズサーバー 商品ランキング

Mac OS X Server

米アップルコンピュータのMacintosh向けサーバーOS。Mac OS Xのサーバー版に相当する。Webサーバーとして世界中で広く使われている「Apache」、動画のストリーミング再生を実現する「QuickTime Streaming Server」、Webコンテンツを動的に生成する「WebObjects」などが含まれる。
 Rhapsodyという開発コード名で進められていたアップルの次世代OSプロジェクトで最初に製品化したのは、1999年のMac OS X Serverだった。その後、従来のMac OS用アプリケーションとの互換環境を強化し、新型ユーザーインタフェースのAquaなどを盛り込んだ、サーバー専用でない汎用のMac OS Xを2001年3月にリリースした。
それをベースにリニューアルした新型のMac OS X Serverを2001年6月に発売。2002年5月にはMac OS X Server専用のラックマウント型サーバー機「Xserve(エックスサーブ)」を発表した。マックオーエステンサーバー 商品ランキング

サイバースペース
2019.06.11

主としてインターネットと同義に扱われ、コンピューターネットワーク上の仮想空間を指す。日本語では電脳空間などとも訳される。cyberspace 商品ランキング

チャット chat
2019.06.11

オンラインサービス上でリアルタイムにメッセージをやり取りし、おしゃべり(会話)すること。電話で話す代わりにキーボードを利用して会話するようなもの。1対1のチャットと、多人数で利用できるチャットがある。 手元のキーボードから打ち込んだ文字が相手のディスプレイに表示され、相手のキーボード操作が自分のディスプレイに表示される。次々にメッセージを送り合うことで会話を行う。
かつてはパソコン通信を介したチャットが盛んだったが、最近はインターネット上でチャットを楽しむユーザーの方が多い。インターネットでは、メッセージだけでなくユーザーの分身(アバター)を画面上に表示して、あたかもアニメのキャラクター同士が会話しているようにチャットを楽しむことができるサービスもある。PCソフトウェア

iChat アイチャット

米アップルコンピュータが開発したMacintoshが備えるインスタントメッセンジャーソフト。アップルが用意したサーバーを通じて、iChatユーザー同士がチャットを楽しめる。米タイムワーナー(旧AOLタイムワーナー)のAOL Instant Messenger(AIM)と互換性があるので、AIMユーザーともメッセージをやり取りできる。
フォントや文字の色を変えたり、添付ファイルを送受信することも可能。最新バージョンは「iChat AV」と呼ばれ、音声や動画をリアルタイムに伝える機能も備える。PCソフトウェア

端末
2019.06.11

システムやネットワーク、電話網などに対するユーザー側インタフェース、またはユーザーが直接操作する機器。ターミナルともいう。LANやインターネットに接続しているパソコンは、ネットワーク端末になる。電話機や携帯電話、PHS、モデム、ファクシミリ、ターミナルアダプター(TA)なども端末と呼ぶ。メインフレームでは、遠隔地にあるコンピューターを利用するための情報入出力装置を指すことが多い。銀行などの現金自動預払機やコンビニなどのPOSレジスターも端末になる。terminal 商品ランキング

情報セキュリティマネジメントシステム information security management system(ISMS)
2019.06.11

組織が情報管理の有効性を維持するための体制のこと。情報の保管方法やウイルス対策、メール使用のガイドライン、障害発生時の行動計画など、さまざまな要素から成る。
企業などの組織活動のガイドラインである品質管理の「ISO9000」や環境管理の「ISO14000」と同様に規格があり、第三者機関による認証制度が存在する。国内の企業が利用している認証制度は、英国規格の「BS7799」や、BS7799を基にした国内規格の「ISMS適合性評価制度」(ISMS制度)が代表的。両規格の認証基準はほぼ同じで、いずれも国内で認証を取得できる。全社レベルで取得する必要はなく、特定の部署や業務を対象に取得することも可能だ。ISMSでは情報管理に際して、許可を受けない者に対する情報の漏えいを防ぐ「機密性」、データの改ざんを防ぐとともに正確に処理する「完全性」、許可を受けた者が情報に確実にアクセスできる「可用性」の3要素の確保を求めており、認証基準を文書で定めている。
これに従ってISMSを整備すれば、適切な情報管理体制を構築して、組織全体の情報セキュリティのレベルを維持、向上させることができる。


セキュリティセンター Security Center


Windows XP SP2で新たに組み込まれたセキュリティを管理するための機能。具体的にはWindows標準のパーソナルファイアウオールであるWindowsファイアウオールの状態、Windows Updateの自動更新機能、ウイルス対策ソフトの状態という3つを監視および管理するための機能である。
ウイルス対策ソフトが常駐していないなど、不適切と判断した場合には警告を出す。セキュリティセンターはWindows XPのコントロールパネルに登録されている。


セキュリティゾーン security zone


セキュリティチェック機能の適用範囲を指定するために用いるInternet Explorerの機能。Webサイトの安全性の格付けを設定する。Internet Explorer 4.0から搭載された。ユーザー自身が各サイトをイントラネットゾーン、信頼済みサイトゾーン、制限付きサイトゾーン、インターネットゾーンの4つに分類する。
ゾーンごとに、表示される警告や実行できるActiveX、JavaScriptなどのプログラムが異なる。どのゾーンでどのような機能制限を付けるかはユーザー自身でも設定できる。


セキュリティホール security hole


セキュリティの問題となりうるソフトウエアの欠陥のこと。ソフトウエアの設計やプログラミングのミスなどが原因。特にOSやWebブラウザーなどのセキュリティホールを狙ったコンピューターウイルスの攻撃や、不正アクセスが問題となっている。
一般に、あるソフトウエアにセキュリティホールが見つかると、開発元から無償で修正プログラムが配布される。


セキュリティポリシー security policy


企業などにおいて、セキュリティに関する方針や決まりごとなどを体系化してまとめたもの。特にネットワークやコンピューターシステムに関して作成される場合が多い。
扱う情報の価値やリスクなどを評価し、その結果をふまえて管理者や意思決定者などを決め、各部署などの責任や運用方法を明確にする。セキュリティポリシーを決めるには専門的な知識やノウハウが必要なため、外部のコンサルタントなどを利用する場合が多い。


ネットワークセキュリティ network security


インターネットやLANなどのネットワーク上で、システムやデータの安全性、信頼性、可用性を確保すること。
ネットワークセキュリティを確保するためには、Windowsなどのセキュリティ上の不具合(セキュリティホール)を修正するのはもちろん、不正アクセスを防ぐためのファイアウオールやコンピューターウイルス対策、データを盗み見されたり改ざんされたりすることを防ぐ暗号化などが利用されている。

記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 06 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る