インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

コンテンツマネジメントシステムCMS
2019.08.27

今の時代はスマホSNS主流になっきてメモ帳、テキストエディター、HTML作成ソフトなどで一ページ一ページ作成する時代はすぎさったようにおもえます。
1度私(個人プロ)のサイトを見ていただけませんか?フルコンテンツマネジメントで作られています。コンテンツマネジメントシステムが主流なのはサイト作成に費やす時間をコンテンツ作成に集中できるからではないでしょうか?
サイト作成でお困りの方、法人、個人を問わず私にまかせてもらえませんか?企業や個人商店のコーポレートサイトにふさわしいサイト作りのお手伝いをさせていただきます。
ご要望がありましたらホームページのお問い合わせフォームよりご連絡いただければ幸いです。尚、お問い合わせフォームはただいま作成中ですのでいましばらくおまちください。
コンテンツマネジメントシステムCMS


PHP MySQL smartyほぼ最強の組み合わせです。
グーグル
2019.06.12

1998年に開設された検索サイト。米スタンフォード大学の学生だった、ラリー・ペイジ(Larry Page )氏とサーゲイ・ブリン(Sergey Brin)氏によって創設され、その後、事業化された。PageRankという仕組みを用いて、そのWebページへ貼られたリンクの多さなどを基にしたページのランク付けを行い、それを検索結果に反映している。そのため他の検索サイトよりもユーザーの要望にあった検索結果を出力すると評価されており、インターネットでの代表的な検索サイトとなっている。また検索結果を出力するまでの時間が比較的短いことも特徴の一つ。検索サイトの検索エンジンとしても多く採用されており、かつてはYahoo!も検索エンジンとして利用していた。Google 商品ランキング
URL http://www.google.co.jp/

データベース
2019.06.11

 データを決まった形で蓄積したもの。
データを蓄積するための枠組みと検索の仕組みを提供するソフトをデータベースソフトまたはデータベース管理システムと呼ぶ。
単純な構造のデータベースならば表計算ソフトなどでも作成できる。
 データベースに蓄積されるデータの1件1件をレコード、その中の各項目をフィールドと呼ぶ。
例えば住所録なら、「A氏の住所や電話番号」「B氏の住所や電話番号」といった単位がレコードであり、「住所」や「電話番号」の項目がフィールドに当たる。
また、これらの情報を表示したり、印刷するためのレイアウト情報をフォームやレポートと呼ぶ。
 データベースを作るときは、まずフィールドを定義し、入力作業用のフォームも作成する必要がある。
最近のデータベースソフトでは、「名刺管理」「住所録」などのテンプレートを用意している製品が多い。
 また、クライアントサーバーシステムなどのネットワーク環境で使うデータベースを、データベースサーバーという。
database 商品ランキング

オブジェクト指向データベース

 オブジェクト指向のデータ構造を取り入れたデータベース。
データとそれに対して行う処理を一緒に取り扱うので、複雑なデータ構造の管理に向く。
テキスト、画像、音声といった異なる種類のデータを一元的に管理できるなどの特徴がある。
object-oriented database 商品ランキング

オンラインデータベース

 遠隔地からでも公衆回線やインターネットを通じてアクセスできるデータベースサービス。
報道記事、書籍情報、公的資料、金融統計、学術文献などを、パソコンを利用して有料または無料で検索・閲覧できるサービスが数多くある。
例えば、新聞記事や会社情報を提供している日経テレコン(日本経済新聞社)、工業所有権情報を提供している特許電子図書館(特許庁)、医療文献情報のMEDLINE(米国国立医学図書館)など。
かつては、専用のネットワークにアクセスしなければ利用できないサービスが多かったが、現在では、ほとんどのサービスがインターネットを介して利用できるようになった。
online database 商品ランキング

カード型データベース

 データ1件を1枚のカード(画面)に入力するタイプのデータベース。
住所録のように、名前、住所、電話番号、メールアドレスなど、個人に関する複数のデータを一括して整理しておくようなケースに向いている。
最近ではデータの一貫性を維持しやすいリレーショナル型データベースが主流になっている。
card type database 商品ランキング

商用データベース

 第三者に営利目的で各種情報を提供するデータベースサービス。
 商用ではなく、自社内利用に限ったデータベースは、企業内データベース、インハウスデータベースなどと呼ばれる。

データベースエンジン

 データベースソフトの中で、データを蓄えてあるデータベースファイルに実際にアクセスし、検索や削除、更新などを担当する部分のこと。
画面表示やフォームの作成、印刷などの機能は含まない。
 通常、一般ユーザー向けのデータベースソフトではこの2つが一体化されており、区別されることはない。
一方、全社規模の大型のデータベースで使われるクライアントサーバー型のシステムでは、画面表示や印刷を行う部分はクライアント側で処理し、データベースの検索や管理を行う部分はサーバーで動作する。
そのため、データベースファイルを直接操作する機能を受け持つソフトの呼び名として、データベースサーバーやデータベースエンジンという言葉が使われている。
database engine

データベース管理システム

 データベースとして蓄えた情報を管理するためのソフト。
DBMSともいう。
データベースソフトと同じ意味で使われることもある。
特にリレーショナル型データベース管理システムのことをRDBMSという。
 基本機能として、入力するデータの内容やデータ同士の関係の定義、データの挿入や削除、指定した条件に合うデータの検索など、データベースの構築や運用に必要なツールを装備する。
さらに、データを定期的にバックアップしたり、ほかのアプリケーションで利用できるようにデータ形式を変換するといった機能も用意されている。
database management system

データベースサーバー

 データベースを保有し、クライアントから検索や更新などの要求を受けたときに処理を行い、結果をクライアントに返すサーバー。
クライアントサーバー型のデータベースソフトでは、データベースファイルを直接操作する機能を受け持つデータベースエンジンをデータベースサーバーと呼ぶ。
 代表的なデータベースサーバーに「Oracle」(日本オラクル)、「SQL Server」(マイクロソフト)、「Adaptive Server」(サイベース)などがある。
これらの製品はUNIXやWindows Server 2003などのサーバー上で動作し、クライアントからの要求を受け取って、データベースファイルの操作を担当する。
database server

データベースソフト

 データベースを定義して管理、活用するためのソフトウエア。
個人用の住所録や名刺管理から、文書の管理、全社規模で利用する販売管理、在庫管理といった用途まで、利用範囲は広い。
 主に個人や比較的小規模で使われる製品では「Access」(マイクロソフト)、「ファイルメーカーPro」(ファイルメーカー)が代表的。
 現在、ほとんどのデータベースソフトはLANに対応しており、データベースファイルを共有ディスクに置いて、複数ユーザーが同時に利用できる。
大規模なシステムでは、クライアントサーバー型のデータベースサーバーが利用される。
database software

フルテキスト・データベース

 入力されているテキストデータの全文を検索対象にできるデータベースシステムのこと。
データそのものを先頭から順番に検索していくタイプのものと、インデックスの精度を上げて、結果として全文検索を実現するものがある。
パソコン用のデータベースソフトのほとんどは、テキスト全文検索の機能を備えている。
fulltext database 商品ランキング

分散型データベース

 データベースを1台のコンピューターに集中させるのではなく、いくつかのコンピューターに分けて管理する形式のこと。
各コンピューターは独立した形でデータベースを持っており、独自にデータ処理ができるのと同時に、それぞれのデータベースがネットワークで結ばれているため、ほかのコンピューターからもデータベースの利用が可能になる。
 例えば、企業内で部署ごとのデータは各コンピューターで高速に処理し、他部署のデータが必要な場合はそのときだけ他部署のコンピューターにアクセスする。
たいていは、ユーザーが自分の必要とするデータがどのコンピューターにあるかを意識する必要はない。
distributed database

文書型データベースソフト

 データベースソフトのなかで、特に文書の扱いに優れたもの。
文書管理システムと呼ぶ場合もある。
通常のデータベースソフトは、数字や数百文字程度までの文字列などを中心に扱う。
一方、記事や文献などの文書情報は、文字数にして数百から数千、図や表などを含んでおり、通常のデータベースソフトでは扱いにくい。
文書型データベースソフトは、こうした文書データの管理に適した機能を備えている。
 文書型データベースソフトは大きく分けて2種類ある。
一つは、データベースソフトが簡単なワープロ機能やエディター機能を備えているもの。
 もう一つは、ワープロなどで作ったデータファイルをそのままデータベース内に取り込んだり、ディスク上に置いたデータファイルをそのまま管理するタイプ。
文書を読んだり、編集するには、基本的に作成元のアプリケーションソフトが必要になる。
一般のデータベースソフトにもファイルを登録できる製品がある。
document database software

リレーショナル型データベース

 行と列から成る表(テーブル)形式のデータを、複数関連付けて操作するデータベースのこと。
リレーショナルとは関連付けの意味。
構造が単純なために理解しやすく、アプリケーションを構築しやすいのが特徴。
 テーブルは、製品カタログ、メーカー情報など、1つのまとまりで作成する。
テーブルの行はレコード、列はフィールドと呼ぶ。
1件のデータは1つのレコードに保存され、1レコードは複数のフィールドで構成される。
そのうち、いくつかのフィールドは複数のテーブルで使われる。
関連付けは、これらのフィールドに対して行う。
 例えば、製品カタログのテーブルにそれぞれの製品のメーカー名と連絡先を含めた場合、メーカーが移転したとき、当該製品の連絡先をすべて書き直す必要がある。
このような場合に備え、製品カタログのテーブルにはメーカー名しか含めず、メーカー名と連絡先が入った別のテーブルを作成する。
2つのテーブルをメーカー名で関連付けておき、メーカー名をキーにして両方のテーブルから必要なデータを取り出せば、連絡先を含んだ製品カタログを作成できる。
メーカーが移転しても、連絡先を記録したテーブルを修正すれば、製品カタログの当該製品すべてに反映できる。
このように、データの変更に対して柔軟に対応できるため、現在の主流になっている。
 レコード同士を関連付ける処理として、選択(セレクト)、射影(プロジェクション)、結合(ジョイン)などの機能を備える。
 選択とは、データベース内からある条件に合致するレコードを引き出し、別のデータベースを作成する機能。
例えば、社員の勤務表から残業時間が70時間以上の社員の一覧表を作成する、といった場合などに利用できる。
 射影とは、データベース内から特定のフィールドを取り出し、別のデータベースを作成する機能。
例えば、社員のデータベースから氏名と電話番号を取り出して、電話帳を作る場合などに用いる。
 結合は、2つのデータベースを結合し、新しいデータベースを作る。
例えば、製品名と価格の入っている製品データベースと、1カ月間に売り上げた製品名と製品数、顧客名が入っている販売管理データベースを結合すれば、1カ月間の顧客ごとの売り上げを計算できる。
relational database

記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 08 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る