インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

10BASE規格
2019.06.21

 LANの伝送路に関する規格。ケーブルの形状や接続方法などを決めている。10BASE5、10BASE2、10BASE-Tという3種類の規格が代表的。それぞれケーブルの種類は異なるが、転送速度はいずれも10Mbps。IEEE(米国電気電子技術者協会)の802委員会で制定された。

 伝送媒体として光ファイバーを使う10BASE-Fという規格もある。 現在、国内のLANで利用されている伝送路は、10BASE規格に対応したものが主流になっている。しかし、音声や動画など、マルチメディアデータを転送するためには10BASE規格の10Mbpsの転送速度では不十分となる可能性が高い。既に転送速度が100Mbps以上の高速の規格が登場しており、導入が始まっている。FastEthernetやATMがその代表。10BASE規格 10base standard 商品ランキング

10BASE-Tとは
2019.06.21

 伝送速度10MbpsのLAN伝送路の標準。10BASE-Tとは、伝送速度10Mbps、ベースバンド方式、電話線に似たツイストペアケーブルで配線するという意味。ベースバンド方式は、パソコンなどの機器がケーブルにデータを送出する方式の一つ。IEEE(米国電気電子技術者協会)の802委員会第3ワーキンググループが標準化したため、IEEE802.3標準という。 配線はハブと呼ばれる集線装置を中心に、放射状(スター型)にパソコンなどの機器を接続する。コネクターにはRJ-45コネクターを採用。ハブ-パソコン間の延長は最大100mまで。ハブ同士を接続することで接続距離を延ばすこともできるが、ハブの多段接続は最大4台までという制限がある。

 IEEE802.3標準では、10MbpsのLAN伝送路の標準として10BASE-Tのほかに、10BASE2、10BASE5、10BASE-Fなども定義している。10BASE-Tテンベースティー 商品ランキング

記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 06 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る