インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

グローバルアドレス
2019.11.14
グローバルアドレスは、勝手に使用することはできす、プロバイダから割り当てられたIPアドレスだけが使用できます。 後者のLANなどで使うIPアドレスのことをプライベートアドレスといいます。プライベートアドレスは、インターネットに直接接続していない家庭内LANや社内LANなどで自由に使用できるIPアドレスで、説明するように決められた範囲で、接続台数によって自由に設定できます。 ここで、インターネットに直接接続しているかいないかというのは重要なポイントです。たとえば、家庭内LANを構築すると、複数のパソコンで同時にインターネットに接続できるのですが、実際にはパソコンが使用しているIPアドレスは、プライベートアドレスです。
ネットワーク機器のIPアドレス
2019.11.14
172.20.0.0~172.20.255.255のように、先頭の数字は172、2つ目の数字は16~31のものを使用します。例えば、「172.16.XXX.XXX」のネットワークを作る場合は、各コンピュータやネットワーク機器のIPアドレスは、172.16.0.0~172.16.255.255のように、設定します。1つのネットワークでは、最大65,536台のコンピュータが接続できることになります。 192.168.0.0~192.168.255.255(クラスC)
引っ越しや、光ファイバー回線への乗り換え
2019.11.14
使用するインターネット回線が変わる場合があります●●
 インターネット回線を変更する場合、インターネット回線への接続□であるネットワーク機器が変更となります。 たとえば、ADSL回線から光ファイバー回線に変更した場合、ADSLモデムが不要になり、回線終端装置(メディアコンバータ)などがインターネット回線の接続□となります。それにともない、LANの接続やパソコンなどの設定を変更する必要があります インターネット回線変更によるLAN構成の変更のポイントは、ルーターと無線LANです。ルーターはLANに1台だけ 複数パソコンからのインターネットの同時接続に必要なブロードバンドルーターは、使用するインターネット回線のサービスによって、提供される場合とされない場合があります。提供された場合は、それを使うことになります。 提供されない場合は、ブロードバンドルーターを買い足す必要があります。 重要なのは、LANの中にはルーターが1台だけ必要なことです。すでにブロードバンドルーターを使っていた場合でも、インターネット回線変更によってルーター機能をもったネットワーク機器が提供された場合は、そちらを優先して使うため、ブロードバンドルーターは不要になります。
記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 11 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る