インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールです。主にWEBサービスプログラミング副業情報までさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

インターネット自宅で副業最適ツール

インターネット自宅で副業最適ツールのお知らせ・更新情報等のご案内です。

ブロードバンドルーター
2019.11.14
ブロードバンドルーターには、LANケーブルを接続する□が2系統あります。1つはブロードバンド回線と接続するWANポート、もう1つはパソコンを接続するLANポートです。パソコンに接続するLANポートは、複数のパソコンが接続できるように4ポート程度付いているのが一般的です。このLANポートは、パブとして利用できます。 ブロードバンドルーターとADSLなどのブロードバンド回線は、WANポートで接続します。このとき、ブロードバンドルーターのWANポートは、契約しているプロバイダから、1つのグローバルIPアドレスが割り当てられます。 パソコンは、ブロードバンドルーターのLANポート側に接続します。ブロードバンドルーターのDHCPサーバ機能により、各パソコンには、プライベートIPアドレスが割り当てられます。
無線接続の再設定が必要
2019.11.14
無線接続の再設定が必要 無線LAN親機が変更になった場合は、無線LAN内蔵パソコンなど子機側のパソコンを含めて、通信設定をすべて再設定する必要があります。
ルーターには新しいインターネット回線へ接続するための設定を再度行う必要
2019.11.14
インターネット接続の再設定が必要 インターネット回線を変更するわけですから、ルーターには新しいインターネット回線へ接続するための設定を再度行う必要があります。 無線LANを使う場合は、無線LAN親機が必要になります。しかし、インターネット回線を変更すると、これまで使用していた無線LAN親機が利用できなくなる場合があります。たとえば、前の回線で使用していたレンタルのADSLモデムに付いていた無線LAN親機機能を使っていた場合などです。 無線LAN親機も、新しいインターネット回線のサービス(有料オプションが多い)を利用するか、別途、無線LAN親機を購入するかを考えなければなりません。 また、ルーターの有無によって、無線LANアクセスポイントにするかを決める必要があります。 無線LAN親機も、ルーターと同様に、インターネット回線を変更した際の重要なポイントとなるのです。
記事検索
お知らせ
・インターネット自宅で副業最適ツールをリニューアルしました。
・最終更新日
« 2019 / 11 »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
RSSフィード
RSS 2.0 RSS 2.0
インターネット自宅で副業最適ツールQR
ページのトップへ戻る